看護学部 School of Nursing

看護学部

School of Nursing

老年看護学

Gerontological Nursing

老年看護学

健康課題を抱えながら地域で暮らしている高齢者を対象として、在宅、病院、施設などあらゆる場で看護実践を行うための専門的知識や技術を習得します。

1年次では老年期にある人の特徴や関連する理論を、2年次では附属病院看護部の臨床講師と共に加齢に伴う健康障害とその看護について学びます。さらに、学内演習では事例検討を中心とした看護過程の展開を行っています。3年次では附属病院や介護保険関連施設、訪問看護ステーションなどでの実習を通じて、健康課題を持つ高齢者やその家族への看護実践を学習します。4年次では、在宅、病院、施設での総合実習を通して、老年看護学の在り方を追求しています。

研究・社会活動

研究や社会活動として、県内外の医療機関や高齢者施設などで看護・介護業務に従事する専門職や管理者と連携し、今日的課題の解決に向けて実践的に取り組んでいます。また、在宅ケアに携わる看護師の現任教育や質の向上に向けた研修・研究にも取り組んでいます。

教員紹介

教授 上野 まり 教授 浜端 賢次 准教授 川上 勝
助教 小此木 百合香