診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

後期専門研修プログラムのご案内

初期臨床研修2年間が終了した後に、さいたま医療センター外科・呼吸器外科・心臓血管外科では協同して「さいたま医療センター 外科専門医 研修プログラム」を作成しております。平成30年度から募集およびマッチングが始まっており、令和2年度も同様に募集をすることになっております。詳細は当科ホームページをご覧下さい。
当科ホームページへ: http://www.jichi.ac.jp/ocvs/

さいたま医療センター 外科専門医 研修プログラム(一部)

さいたま医療センター外科・呼吸器外科・心臓血管外科では、卒後2年間の臨床研修を終了した医師を対象にして、3年間の後期臨床研修プログラムを作成し、応募者を公募します。後期研修プログラムの基本的到達目標は、外科専門医資格の取得です。

後期臨床研修医の対象とプログラムの目標

後期臨床研修医の対象となるのは、外科専門医資格取得をめざす医師であって、卒後初期臨床研修の2年間を終了し、外科・心臓血管外科・呼吸器外科の臨床研修を希望するものとします。研修プログラム終了後は外科専門医として外科チームをリードし、患者のみなさまから信頼を得て診療を担当できる臨床的能力を備えていることを目標とします。また、後進の医師や学生を指導できる教育能力についても養われていることを目標とします。したがって、研修医それぞれの事情によりプログラムの実施過程に変更はあるにしても、研修プログラムを途中で放棄することなく、最後まで完了するための意志が必要です。研修終了時には、外科専門医受験資格を取得するに十分な臨床的経験を積んでいることがプログラム作成の前提となっています。後期臨床研修プログラム終了後はサブスペシャリティーとして、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科等、それぞれの専門医研修へ進むことが推奨されます。

研修期間と研修内容

研修期間・研修内容については、日本外科学会で認可された 『さいたま医療センター 外科専門医 研修プログラム』に詳記されております。詳細は当科ホームページをご覧下さい。

修練医(専門医)プログラムのご案内

さいたま医療センター心臓血管外科では、心臓血管外科専門医をめざす若手医師の修練プログラムを運用し、次世代の心臓血管外科医を育てています。以下にその一部を掲載しますが、詳細については当科ホームページを参照して下さい。
当科ホームページへ: http://www.jichi.ac.jp/ocvs/

さいたま医療センター 心臓血管外科 専門医修練カリキュラム(一部)

はじめに

自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科では、これまでも心臓血管外科専門医を養成するための修練を重視し、様々な努力と工夫を行ってきました。心臓血管外科専門医制度が機能していますので、専門医制度に適応した自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科の専門医修練カリキュラムを作成していますので、以下に提示します。

修練カリキュラムの対象と目的

修練カリキュラムの対象となるのは、心臓血管外科専門医をめざす医師であって、医学部卒業後初期研修(1~2年間)を終了し、さらに2~3年程度の外科系修練をすでに経験した者とします。修練カリキュラム開始時の年齢、卒業後年数などは原則として問いません。修練カリキュラム終了後は心臓血管外科専門医として心臓血管外科チームをリードし、患者から信頼を得て診療を担当できる臨床的能力を備えていることを目標とします。また、後進の医師や学生を指導できる教育能力と、一定の研究能力についても養われていることを目標とします。したがって、修練医それぞれの事情によりカリキュラム内容に変更はあるにしても、修練カリキュラムを途中で放棄することなく、最後まで完了するための強い熱意と意志が必要です。修練カリキュラム終了時には、心臓血管外科専門医受験資格を取得するに十分な臨床的経験と業績を積んでいることがこのカリキュラム編成の前提となっています。

修練期間と修練内容

修練期間は原則として3年間とします。ただし、研究期間や留学期間がある場合には、この限りではありません。なお希望に応じてその後2年間の修練を追加できるものとします。
毎年若干名の修練医を募集しておりますので、希望者は応募して下さい。

研究実績(2018年度の一部)

原著論文

  • Suzuki K, Kimura N, Sezai A, Unosawa S, Taoka M, Osaka S, Tanaka M. Successful Surgical Treatment of Giant Coronary Artery Aneurysm and Concomitant Coronary Artery Fistula to the Pulmonary Artery. Heart Surg Forum. 2018;21:247-249.
  • Kawahito K, Kimura N, Yamaguchi A, Aizawa K, Misawa Y, Adachi H. Early and Late Surgical Outcomes of Acute Type A Aortic Dissection in Octogenarians. Ann Thorac Surg. 2018;105:137-143.
  • Okamura H, Arakawa M, Takeuchi T, Adachi H. The fenestrated frozen elephant trunk technique for acute type A aortic dissection. J Thorac Cardiovasc Surg. 2018;156: 75-77.
  • Arai Y, Kimura T, Takahashi Y, Hashimoto T, Arakawa M, Okamura H. Preoperative nutritional status is associated with progression of postoperative cardiac rehabilitation in patients undergoing cardiovascular surgery. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2018; 66: 632-640.
  • Shiraishi M, Shinoda D, Yokoyama N, Itoh S. Successful surgical repair of the aortic annular infective endocarditis with subvalvular abscess;Report of a Case. Kyobu Geka. 2018 May;71(5):365-368.
  • Shiraishi M, Adachi K, Nagano H, Yamaguchi A, Adachi H.Successful visceral revascularization after acute type A aortic dissection: How to predict visceral ischemia.Blood, Heart and Circulation.2018;Doi:10.15761/BHC.1000121
  • Itagaki R, Kimura N, Mieno M, Hori D, Itoh S, Akiyoshi K, Yuri K, Tanno K, Kawahito K, Yamaguchi A. Characteristics and Treatment Outcomes of Acute type A Aortic Dissection With Elevated D-Dimer Concentration. Journal of the American Heart Association 2018;7:e009144.Doi:10.1161/JAHA.118.009144
  • Sato T, Arakawa M, Tashima Y, Tsuboi E, Burdon G, Trojan J, Koyano T, Youn YN, Penov K, Pedroza AJ, Shabazzi M, Palmon I, Nguyen MN, Connolly AJ, Yamaguchi A, Fischbein MP.Statins Reduce Thoracic Aortic Aneurysm Growth in Marfan Syndrome Mice via Inhibition of the Ras-Induced ERK (Extracellular Signal-Regulated Kinase) Signaling Pathway. J Am Heart Assoc.2018 Nov 6;7(21):Doi:org/10.1161/JAHA.118.008543
  • Nonaka T, Kimura N, Hori D, Sasabuchi Y, Nakano M, Yuri K, Sanui M, Matsumoto H, Yamaguchi A.Predictors of Acute Kidney Injury Following Elective Open and Endovascular Aortic Repair for Abdominal Aortic Aneurysm. Ann Vasc Dis.2018;11(3):298-305
  • Nomura Y, Nakano M, Bush B, Tian J, Yamaguchi A, Walston J, Hasan R, Zehr K, Mandal K, LaFlam A, Neufeld KJ, Kamath V, Hogue CW, Brown CH 4th. Observational Study Examining the Association of Baseline Frailty and Postcardiac Surgery Delirium and Cognitive Change. Anesth Analg. 2018 Dec 11. Doi:10.1213/ANE.0000000000003967.
  • Brown CH 4th, Probert J, Healy R, Parish M, Nomura Y, Yamaguchi A, Tian J, Zehr K, Mandal K, Kamath V, Neufeld KJ, Hogue CW. Cognitive Decline after Delirium in Patients Undergoing Cardiac Surgery. Anesthesiology. 2018 Sep;129(3):406-416.Doi:10.1097/ALN.000000000000225.
  • Nomura Y, Faegle R, Hori D, Al-Qamari A, Nemeth AJ, Gottesman R, Yenokyan G, Brown C, Hogue CW. Cerebral Small Vessel, But Not Large Vessel Disease, Is Associated With Impaired Cerebral Autoregulation During Cardiopulmonary Bypass: A Retrospective Cohort Study. Anesth Analg. 2018 Dec;127(6):1314-1322. Doi: 10.1213/ANE.0000000000003384.
  • Pandey D, Nomura Y, Rossberg MC, Hori D, Bhatta A, Keceli G, Leucker T, Santhanam L, Shimoda LA, Berkowitz D, Romer L.Hypoxia Triggers SENP1 (Sentrin-Specific Protease 1) Modulation of KLF15 (Kruppel-Like Factor 15) and Transcriptional Regulation of Arg2 (Arginase 2) in Pulmonary Endothelium.Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2018 Apr;38(4):913-926.Doi:10.1161/ATVBAHA.117.310660. Epub 2018 Feb 22.
  • Akiyoshi K, Kimura N, Aizawa K, Hori D, Okamura H, Morita H, Adachi K, Yuri K, Kawahito K, Yamaguchi A. Surgical outcomes of acute type A aortic dissection in dialysis patients.Journal: Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2018 Dec 14. Doi: 10.1007/s11748-018-1051-6.
  • 木村直行,野中崇央,松本春信.下肢動脈病変合併冠動脈疾患の治療戦略.外科医の立場から(CABG+bypass).冠疾患誌.2018;2:119-124
  • 篠田大悟,白石 学,横山野武,伊藤 智.心室中隔穿孔術後の遺残短絡に対する1治験例.自治医科大学紀要第41巻.2018;41:75-78

論説 (一部)

  • 山口敦司.第2章―1大動脈弁置換術―大動脈弁の解剖と基本テクニック―.In:編集 小坂真一,心臓・大動脈外科手術,東京,医学書院, 2018:31-35
  • 岡村 誉.Off the job trainingテキスト. 南江堂,2018:177-178
  • 野中崇央,松本春信. 腹部大動脈瘤.In:編集 尾本きよか,外来での疾患別プライマリ・エコー,文光堂,2018:18-21

ページの先頭へ