医学部

現在の少子高齢化社会においては、地域社会の医療の確保と向上及び地域の住民の福祉の増進を図ることが要請されています。自治医科大学の教育の原点は、ここにあります。社会の要請に応えるためには、地域医療に進んで挺身する気概と高度な医療能力を身につけた医師を養成することにあります。
自治医科大学は、このような医師─主として総合医─の養成を目的として昭和47(1972)年に設立された医科大学です。開学以来、平成28(2016)年3月の卒業生を含め4,024名が卒業し、地域医療に大きく貢献しています。自治医科大学医学部では、この地域医療に貢献するのに最も適した総合医を主として育成するために、3つの教育理念と7つの教育方針に基づいた教育を展開しています。

2016年6月23日 [医学部] 卒後ワークライフバランスについて考える会2016 in Jichiが開催されました
2016年6月23日 [医学部] IL-33前駆体は、がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1の蛋白質合成に必要である
2016年6月16日 [医学部] NPO法人 PADM遠位型ミオパチー患者会代表の織田友理子さんが、医学部3年生・6年生の授業の講師として訪れ、永井学長を表敬訪問されました
2016年6月8日 [医学部] 卒後ワークライフバランスについて考える会2016 in Jichiを開催します(6/19)

バックナンバー