教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > データサイエンスセンター

データサイエンスセンター

データサイエンスセンター

センター紹介

データサイエンスセンターは医療系、生物系の大規模データの管理・解析を行うことを目的として平成29年4月に設置されました。 具体的には、これまで地方自治体にご協力いただき収集したデータの解析、診療データから人工知能を用いて総合診療医の診療補助を行う研究を行っていきます。

また、現在、生物系の研究においても高速シーケンサーを用いた場合など、ますますデータが巨大化しており、個々の研究者では必ずしも最初から最後までハンドリングができなくなりつつあります。そうしたデータのデータベース整備や解析補助についてもセンターで担っていく予定としております。

スタッフ

センター長 教授(兼)興梠 貴英 講師 笹渕 裕介 特別特命教授 康永 秀生
特別特命教授 今井 健 特別特命助教 松居 宏樹

研究紹介

  • ImPACT「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム(ヘルス・セキュリティ担当)」(〜2018年度)
    これまで地域医療データバンク事業の中で収集してきたデータで再度自治体などデータ提供側と合意がとれたものを用いて、地域の医療資源利用、受療行動、介護との関連を分析する。その結果、地域医療におけるリスクを明らかにして低減するようなプラットフォームの構築を目指す。
  • 文部科学省科学研究費助成事業 若手研究「医療・介護レセプト、特定健診データベースの構築とこれを用いた臨床疫学研究」(2019年度〜)
    総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の一環として実施した「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」(〜2018年度)に引き続き、地方自治体より提供を受けたレセプトデータ等をもとに医療ビッグデータベースの構築を行い、このデータベースを用いた臨床疫学研究を行っている。特に医療と介護の関連を明らかにすることを目指している。