入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > キャンパスライフ > 修学資金・奨学資金

修学資金・奨学資金

修学資金・奨学資金

学びをバックアップする“修学資金貸与制度”と“奨学資金貸与制度”

修学資金貸与制度

修学資金貸与制度とは、「自治医科大学医学部修学資金貸与規程」に基づき、入学者全員に必ず学生納付金相当額及び入学時学業準備費を貸与するもので、そのために、入学手続きの際、「修学資金貸与契約書」を提出し、本学との貸与契約を締結することになります。この制度により、入学金等の一時金は不要となります。

この修学資金は、大学を卒業後、直ちに、第1次試験の試験地の都道府県知事が指定する公立病院等に医師として勤務し、その勤務期間が修学資金の貸与を受けた期間の2分の3(1.5倍)に相当する期間(その勤務期間のうち2分の1は、知事が指定するへき地等の指定公立病院等に勤務する。)に達した場合は返還が免除されます。

但し、この条件を成就しなかった場合には、貸与金に所定の利率を乗じて得た額を加えて一括返還しなければならないことになっています。

なお、入学時学業準備費400,000円は、入学時に必要となる教科書等の購入費に係る経済的支援を目的として貸与するもので、入学後に新入生の銀行口座に直接振り込みます。

修学資金貸与制度

奨学資金貸与制度

自治医科大学医学部には、奨学資金貸与制度もあります。奨学資金は生活費の一部を貸与することにより、経済的な面から修学を支援していくものであり、申請に基づき無条件で月額50,000円を貸与します。

さらに家庭の経済状態や学業成績などを勘案して選考し、最高月額150,000円まで無利息で貸与する制度です。

なお、卒業後、9年以内に割賦(毎年6月および12月の半年賦均等償還)の方法により返還していただきます。

※修学資金のうちの入学時学業準備費と奨学資金は、全国モーターボート競走施行者協議会からの寄付金を原資としています。

在学生の貸与状況

  • 修学資金
  • 修学資金