入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > キャンパスライフ > クラブ活動・県人会

クラブ活動・県人会

クラブ・県人会

さまざまな経験と思い出を共有し、仲間との繋がりを深めます。

運動部や文化部、自治会・地域医療サークルなど、約50ものクラブが活動しています。
学生数に対して、クラブの種類は充実している点が自治医科大学の魅力であり伝統です。
また、出身都道府県単位の県人会は、学生時代から先輩医師や後輩との関係を築ける貴重な存在となります。

クラブ活動一覧

学友会サークル

運動部

  • 準硬式野球部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • ハンドボール部
  • 水泳部
  • ラグビー部
  • サッカー部
  • ワンダーフォーゲル部
  • 剣道部
  • 空手道部
  • スキー部
  • 卓球部
  • ソフトテニス部
  • 硬式テニス部
  • 陸上競技部
  • 柔道部
  • 弓道部
  • ボート部
  • 少林寺拳法部
  • ゴルフ部
  • 合気道部

文化部

  • 美術部
  • 演劇部
  • 合唱団(カンタービレ)
  • 囲碁部
  • 茶道部
  • 軽音楽部(Route 4 JAZZ Orchestra)
  • 管弦楽団(オーケストラ)
  • フォークソング部(JFC)
  • ピアノ同好会
  • ダンス同好会(MORL)
  • ピアサークル(J☆STARS PEER)
  • 陶芸部

自治会サークル

  • フットサルサークル
  • クラシックバレエ同好会
  • 東洋医学研究会
  • ソフトボールサークル
  • Jichi Photo Circle
  • jichi family mates
  • 自治聖書を読む会
  • アーチェリーサークルJMU
  • お笑いサークル(JIRAI)
  • アカペラサークル
  • ワイン同好会
  • 謎解きサークル(SCARLET)
  • バドミントンサークル

地域医療サークル

  • 国際医療文化研究会(IMC)
  • ボランティアサークル ひまわり

空手道部

落合秀也

医学部5年
落合秀也
青森県立三本木高等学校卒業

経験者と上級生が初心者にも指導し
大会では安定して上位入賞を果たす


空手道部では、現在20名の医学部と看護学部の学生が週3日、大学の武道場で稽古をしています。部員の大半は空手の経験なく入部しますが、経験者や上級生が指導し、東医体では安定して上位の成績を残しています。私は幼い頃から空手を習っていましたが、初心者への指導や流派を越えた精進により、技の意義を深く理解できるようになりました。

地域医療に従事しながら故郷で空手の発展に貢献することが、将来の目標のひとつ。医学で学んだ体の構造や機能に関する知識も活かし、初心者にも分かりやすく空手を指導するなど、「医」と「武」の両面で地域住民の健康や子供の成長を支える医師になりたいと考えています。

県人会

地元の医大生と連携するなど、県人会が地域医療の牽引役に。

自治医科大学の特徴として、県人会という学生の組織が挙げられます。他大学であれば単に同郷の学生が集まるサークル的な存在かもしれませんが、もう一歩踏み込んだ、重要な役割を担っているのです。というのも、出身地が同じ学生は、卒業後に地元の地域医療を一緒に支えることになる存在。そうした絆を在学中から深めるためにも、学生は全員県人会に所属することになります。具体的な活動内容としては、夏休みにメンバー全員で地元に戻り、へき地医療の理解を深めるため、各都道府県の主催するへき地医療体験実習、研修会に参加するのです。こうした活動はへき地医療機関で働く医師やスタッフ、他大学の医学生、自治体関係者が一堂に会する機会でもあり、仲間づくりの場にもなっています。
また、自治医科大生がへき地医療を目指す医学生のリーダー役となっている地域もあります。ここ数年、各都道府県にある医学部でも地元で医療活動に従事する医師を育てる地域枠を設ける傾向にありますが、彼らに対して自治医科大学がこれまで培ってきたノウハウを伝えていくのです。県人会での活動を通して、これからは自治医科大生は地域医療を目指す学生の牽引役となっていくことが期待されます。

県人会