入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > 受験生の皆さんへ > 6年間の流れ

6年間の流れ

6年間の流れ

1・2・3年次

基礎科学から基礎医学へ
医師としての基盤を固める3年間


自治医科大学は優れた総合医を育てるため、1、2年次は効率よく学んでいくようカリキュラムが組まれています。また、基礎科学だけでなく、基礎医学も早い時期から組み込まれていますが、これにより、早く医学の一端に触れたい学生の学習意欲の向上を図っています。2年次からは、各診療科に関する系統講義もスタート。基礎科学から基礎医学へという一連の流れと同時に、心の部分も学び、医師としての基礎を固めていきます。

4年次からの2年間をBSLに充てる自治医科大学のカリキュラムの中で、特にポイントとなるのが3年次です。これまで、どの病気がどのような症状を引き起こすのかを学んでいたのに対し、症状から疾病を考えるPBL(Problem Based Learning)も実施。より医療現場に即した知識を身につけていきます。

Point 1 早期から基礎医学を学び 医学生として自覚を深める
Point 2 地域医療を数多く体験し コミュニケーションを学習
Point 3 自発的学習を習慣づけ 臨床実習参加の準備を

4・5年次

医療現場での対応力を長期にわたるBSLで大きく伸ばす

自治医科大学とほかの医学部との大きな違い。それが、BSL(臨床実習)に多くの時間を割く点です。多くの大学では5年次から始まりますが、自治医科大学では4年次と5年次の2年間をかけて行います。そのため各診療科でより多くの経験を積むことが可能です。

自治医科大学がここまでBSLに力を入れる理由は、やはり卒業後の進路が地域医療の現場と決まっているから。長期のBSLを通して、医療の実際や教科書だけでは学べない状況への対応、お手本となる指導医の治療活動、カンファレンスでのやりとり、そして患者さんとの緊密なコミュニケーションなど、多くのことを学んでいきます。この2年間のBSL体験は、卒業後の医療活動のしっかりとした基盤となるに違いありません。

Point 1 長期間に 多くの診療科で行うBSL
Point 2 担当した症例に限定せず 数多くの症候を吟味
Point 3 総合医療教育の総まとめで 実践準備を院外で経験

6年次

6年間の総仕上げとして、希望する科の選択BSLや国家試験に向けての取り組み

これまで医学部で学んだことの総決算の一年となるのが6年次です。まず、4・5年次にBSLで各診療科を回った際に興味を持った診療科を、再度訪れることができるのが、5年次の3学期から6年次の1学期にかけて行われる選択必修BSLです。ここで臨床実習の総まとめを行います。学生によっては、院外の地域医療の現場を希望する場合もあります。

この選択必修BSLが終了すると、国家試験に向けての総括講義が始まり、全員合格を目指します。授業以外にも6年生専用の勉強室が用意されており、サポートも万全。また5年次までに優秀な成績を収めた学生は、この総括講義と卒業試験が免除され、約半年間の自主的な臨床実習期間が与えられるのも自治医科大学の大きな特徴です。

Point 1 学生自身の関心が生きる 選択必須BSL
Point 2 臨床系24科目の総括講義は特論形式での講義も実施
Point 3 後輩学生のサポートで国家試験対策も万全

フリーコース・スチューデントドクター制度

この制度は、5年次終了時において、既に医師国家試験合格レベルの知識を有し、かつ志の高い優秀な学生に対し、能力を最大限に研鑽する機会を与えることを目的としています。

制度の概要

  1. 5年次に受験する総合判定試験の結果および多面的な評価により選考された学生が対象です。6年次の5月から11月までの約半年間において、授業の出席および卒業試験が免除されます。また、希望する研修や実習プログラムを自主的に作成し、責任学内指導教員の指導のもとに受講します。
  2. 研修先は、学内の臨床、基礎講座をはじめ、国内の卒業生の勤務先(へき地診療所、中核病院)や海外の病院等が対象となります。
  3. 当該研修に係る学資資金について、大学が補助しています。



長谷部圭亮岡山赤十字病院
河内 大(2017年度卒業生)
岡山県立倉敷青陵高等学校卒業

生涯にわたり自らを高め続ける始点となる実習経験

卒業後は地域医療の現場で目の前の症例に全力を尽くすことはもちろん、日々の診療から医学的な新規性を見いだし学術的なエビデンスとして世界に発信する医師になりたいと考えた私は、フリーコース・スチューデントドクター(FCSD)制度を活用し、目標とする医師像に必要な知識やスキルの基礎を修得する実習に取り組みました。総合診療科を中心としたチームで内科系の診療に当たる地域医療の中核病院では多様な症例に対する実践的スキルを学び、義務年限の期間で到達すべき総合医としてのレベルを理解しました。

学術面では自治医科大学附属病院の循環器内科が取り組む大規模なコホート研究に参加し、多数の症例データを疫学的・統計学的に解析する手法を学ぶとともに、BSLで関心を持った症例について学会発表し、優秀症例報告賞を受賞することができました。また、留学先のアメリカでは先進的なチーム医療を経験し、そこで発揮される医師の役割が、へき地医療で求められる総合診療医としての能力に通じることを発見。これは、義務年限の中で国際的な医師としての力も磨けることを意味します。

FCSD制度での実習は当初目的とした成果にとどまらず、生涯にわたり医学分野で自らを高め続ける始点となる経験になりました。

勉強室

勉強室6年生専用の勉強室で 仲間とともに国家試験の合格を目指す

学生寮内には、6年生が国家試験の勉強をするための専用の部屋が設置されています。5〜6名の学生に1室が割り当てられ、6年生は毎日の授業が終わるとこの部屋に集まります。ともに勉強することで弱点を克服しつつ、常に励まし合い厳しい試験勉強を乗り越えていきます。

選択必修BSL

学生が希望する診療科で特に興味を持った学問領域の理解を深める

1年次から積み上げてきた学習内容を含め、BSLで行った実習のうち、特に興味を持ち、より深く理解したい診療科において、5年次3学期から6年次1学期にかけて行う臨床実習です。本学附属病院34診療科および院外の諸施設から学生自身が選択することができます。学生は、それぞれが患者を受け持ち、医療の実際を主体的かつ責任を持って体験し、自立心を養います。この期間は、海外の医療機関などで実習することも可能となっています。

CBL(Community Based Learning)

CBLで地域医療への動機づけや自らの将来設計を図る

地域医療実践の準備であるCBLには、地域医療を現場で体験すること以外にも、特色ある地域医療の実践に触れて、地域医療への動機を明確にすることや、将来の職場となる地域で先輩たちの活動を見聞きし、自らの将来設計を考えることなども期待されます。