大学紹介

HOME > 大学紹介 > 沿革

沿革

沿革

昭和45年

開校前正面玄関位置付近7月4日
秋田自治大臣が「医学高等専門学校設立構想」を表明

昭和46年

本館地鎮祭1月21日
医科大学設立発起人会発足

5月14日
校地は「栃木県河内郡南河内町」、名称は「自治医科大学」と決定

昭和47年

大学入学式2月5日
学校法人自治医科大学設置認可

4月13日
自治医科大学開学式

12月21日
へき地振興財団設立認可

昭和49年

1月17日
附属病院開設許可

4月1日
附属高等看護学校設置認可

4月13日
附属病院開院式

昭和52年

3月22日
「附属高等看護学校」を「附属看護学校」に名称変更

昭和53年

3月24日
大学院医学研究科博士課程設置認可

昭和55年

4月1日
附属看護学校に3年課程の設置承認

昭和59年

2月3日
附属看護学校助産科設置認可

昭和61年

12月23日
看護短期大学設置認可

昭和62年

5月23日
看護短期大学開学式

昭和63年

1月8日
附属大宮医療センター開設許可

平成元年

大宮医療センター4月1日
「へき地振興財団」を「地域社会振興財団」に名称変更

11月18日
附属大宮医療センター開院式

平成2年

3月20日
看護短期大学専攻科(助産学専攻)設置認可

平成13年

12月20日
看護学部設置認可

平成14年

12月19日
大学院医学研究科修士課程設置承認

平成17年

12月5日
大学院看護学研究科修士課程設置認可

平成18年

とちぎ子ども医療センター9月1日
とちぎ子ども医療センター開院

平成19年

さいたま医療センター7月1日
「自治医科大学附属大宮医療センター」を「自治医科大学附属さいたま医療センター」に名称変更

平成23年

12月21日
自治医科大学大学院看護学研究科看護学専攻課程変更認可(博士課程)
(修士課程を改め博士課程とし、博士前期課程と博士後期課程に区分)