1. HOME
  2. 診療科のご案内
  3. 腎臓センター外科部門(腎臓外科)

腎臓センター  外科部門(腎臓外科)

腎臓疾患の総合的な診療を行う腎臓センターの外科部門を担当します。内科部門と連携し、腎炎から透析、透析合併症治療、腎移植に至るまでの一貫診療を行います。

診療内容・対象疾患

腎臓センター  外科部門(腎臓外科)

腎移植、腎血管外科、腎不全外科(シャント、腹膜カテーテル手術)、腎性副甲状腺機能亢進症、外科的腎疾患(血管病変、嚢胞、透析腎癌)、腎泌尿器鏡視下手術などの診療に当たります。腎移植では新薬剤を用いた免疫抑制療法、ABO血液型不適合移植、低侵襲鏡視下手技による腎提供手術など最新の医療技術を提供しています。

対象疾患

慢性腎不全、腎移植(生体、献腎、自家)、透析用シャント手術、腹膜透析関連手術、腎血管外科、腎動脈瘤、腎血管性高血圧、腎性副甲状腺手術、腎泌尿器鏡視下(腹腔鏡)手術、嚢胞腎、透析腎癌など。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

診療体制

腎不全、腎移植、腎血管外科手術、透析療法に精通し、豊富なキヤリアーを有する専門医が診療に当たります。診療医は日本泌尿器学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、腎移植認定医、日本内分泌外科学会専門医の資格を有しています。

診療(治療)方針

腎不全の病態、透析、腎移植に関する最新の知識と技術を駆使した診療に努めています。外科治療にあたっては積極的に腎泌尿器腹腔鏡手技を導入し、できうる限りの低侵襲治療を施します。

得意分野

  • 腎移植(生体腎移植、献腎移植):豊富な臨床経験と最新の免疫抑制療法の採用により、良好な成績を得ています。
  • ハイリスク腎移植(ABO血液型不適合移植、既存抗体陽性例移植):積極的に取り組み、移植成績は通常例と同等です。
  • 生体腎提供者低侵襲手術:腹腔鏡を用いて創の小さい優しい手術を採用しています。
  • 腎性副甲状腺手術:腎臓内科と連携して治療にあたります。
  • 透析用シャント手術:初回作製手術から合併症手術、再建手術を行います。緊急手術にも対応します。

先進医療・特殊医療

生体腎移植、献腎移植、ABO血液型不適合腎移植、既存抗体陽性例腎移植、泌尿器腹腔鏡手術

スタッフ紹介

教授
八木澤 隆
講師
南木 浩二
病院講師
木村 貴明

外来診療日

午前

清水
南木
共通外来
佐久間(康)

南木
黒澤
共通外来

共通外来

石川
共通外来

八木澤
木村
共通外来

午後

献腎検診外来

献腎検診外来

木村
新里

全診療科の一覧表はこちら

講座オリジナルサイトへのリンク

自治医科大学 腎臓外科学部門

お問合わせ・ご相談

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ