医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎・臨床医学連携部門 > 病理学 > 人体病理学

人体病理学

人体病理学

講座名

医学部 病理学講座 人体病理学部門
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体構造医学人体・分子病理学

講座・部門紹介

人体病理学とは、ヒトの疾患部から採取された病変組織について、主として形態的な観察を基盤として細胞・組織の反応様式を検討し、疾病の背後に存在する病態や、疾病の将来像(予後)を明らかにしていく学問領域です。人体の構成単位は細胞であり、細胞が集団となって機能性システムや臓器を構築していますので、細胞集団としての変化や「ふるまい」を観察して、疾病の本質に迫り、疾病を全体像として理解していく、という方向性は非常に重要と考えます。また、疾病から得られた組織をもとに分子レベルにまで分析していく基礎医学の分野から、疾病を診断する、あるいは、治療方針に有用な情報提供するなど、実用性を重視した臨床医学の分野まで、幅広い守備範囲を有することも特徴の一つです。学問領域が専門化、細分化していくなかで、広い視野に立ち、ヒトの疾患の全体像を提示していくことを目指します。このように「大きなvisionを持てる」ことが人体病理学部門の特徴です。

スタッフ

教授 田中亨 講師 河田浩敏 講師 仲矢丈雄

研究紹介

人体病理学部門では「性ホルモンの作用機構解明」を目標として、研究を行っています。性ホルモンは乳癌や前立腺癌などの発生、増殖に強く関わっており、性ホルモンの効果を抑制する内分泌治療は乳癌や前立腺癌患者に対する標準治療として確立しています。しかしながら、内分泌治療後に発生する性ホルモン不応癌は、治療抵抗性であり、この移行機構を解明し阻止しないと乳癌、前立腺癌の撲滅はできません。現在、去勢マウスモデルを用いた研究により、性ホルモン除去により細胞老化が生じ、同時に、様々なサイトカインや増殖因子を放出することが分かってきました。このような反応を抑制することで、性ホルモン不応癌の発生を抑制することを目標に研究を行っています。

一方、平成27年4月から仲矢の赴任により、幹細胞の研究を開始しました。仲矢は幹細胞に密接に関連した転写因子であるKLFファミリーが大腸幹細胞維持だけでなく大腸癌発癌にも重要であることを明らかにしました。現在、組織幹細胞の制御機構の解明から、癌幹細胞抑制につなげる研究を開始しています。

教育担当分野

病理学講座・病理診断部が協力して以下の教育を担当しています

  • 基礎医学「病理学総論」「病理学実習」
  • 臨床医学U「臨床病理カンファランス」
  • 必修および選択必修BSL

関連組織

  • 大学院医学研究科/博士課程人間生物学系構造医学人体・分子病理学
  • 附属病院/病理診断部

連絡先

自治医科大学病理学講座人体病理学部門
TEL: 0285-58-7327(ダイヤルイン)
FAX: 0285-44-8367
e-mail: jintaibyouri@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介