医学部 School of Medicine

医学部

School of Medicine

眼科学

Ophthalmology

講座名

医学部

眼科学講座

医学研究科

博士課程 地域医療学系皮膚・感覚器疾患学眼科学

講座・部門紹介

眼科学教室は、さまざまな眼疾患の診療および研究を行っています。臨床では、眼球・視神経及び付属器(眼瞼、外眼筋、涙器)等視力に関連した臓器の多種多様な疾患の診療に幅広く対応しています。特に、網膜硝子体疾患、角膜疾患、斜視弱視、緑内障、そしてぶどう膜炎疾患に対しては専門外来を設け、多くの患者を治療しています。研究では、眼科ophthalmology・視覚の科学 visual scienceの研究を基礎的見地・臨床的視野を取り入れつつ行っています。そして何より、眼科地域医療で不可欠な診療力、治療力を身につけられるような教育を、若い医学生および研修医に対して提供することを心掛けています。

スタッフ

研究紹介

  • ぶどう膜炎に関する基礎的/臨床的研究(川島教授グループ)
  • 糖尿病網膜症に関する臨床的研究(新井講師グループ)
  • 加齢黄斑変性症の臨床的研究(髙橋准教授グループ)
  • 弱視・斜視に関する臨床的研究(牧野学内准教授グループ)
  • ロービジョン患者のQOLに関する臨床的研究(渡辺助教グループ)

教育担当分野

  • 基礎臨床系統講義「眼」
    眼科学の導入を系統的に詳しく17回に分けて講義
  • 総括講義「眼科学」
  • 医師国家試験にも必要な知識の概括的講義シリーズ8回
  • BSL:眼科学的検査法の習得、豚眼を用いた手術実習、眼科手術及びポリクリ中心の臨床実習を行っています。
    5~6年生では、スタッフの監督下で、外来・病棟の患者診察、手術介助、カンファランスでの発表を行っています。

関連組織

  • 大学院医学研究科 博士課程地域医療学系皮膚・感覚器疾患学眼科学

診療科案内

連絡先

自治医科大学眼科学教室
Tel 0285-58-7382
Fax 0285-44-8365

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介