産学官連携

HOME > 産学官連携

産学官連携

本学は、医学及び看護学の教育及び研究を行い、へき地等の地域社会の医療の確保及び向上のために高度な医療能力を有する医師及び地域住民の保健医療及び福祉に貢献できる総合的な看護職を養成することを目的に運営されています。 このような本学の特性や独自性を発揮させ、さらに発展させていくために、教育面、診療面、研究面の均衡が重要となっています。 特に、研究面では、自治医科大学の研究成果としての知的財産の創造、活用、保護を図るために、研究環境の整備、充実を図ることが求められています。 また、研究環境のさらなる充実のため、産学官連携を積極的に図り、社会への還元を目的として活動しています。

フォトニュース

バックナンバー

ニュース&トピックス

2017年6月16日 [大学] 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2017「非感染性疾患(NCD)の病態解明と診断・治療法の開発拠点の形成」を開催します(7/10)
2017年6月9日 [医学部] GLP-1とインスリンの協働的な求心性迷走神経活性化:食後機能と糖尿病治療薬併用効果の機序
2017年5月31日 [医学部] 新たなATP産生メカニズムの解明とミトコンドリア病治療薬への応用‐治療薬候補MA-5はミトコンドリア機能を活性化する‐
2017年4月17日 [大学] 環境・生体信号を同時に時系列評価できるマルチセンサー携帯型自動血圧計を開発
2017年4月12日 [大学] 心不全の新しいメカニズムを解明 ―新しい治療法の開発に期待―
2017年4月4日 [医学部] FGF21が視床下部室傍核Nesfatin-1ニューロンを活性化することで高血糖時に選択的に摂食を抑制することを発見

バックナンバー

自治医科大学 大学事務部 研究支援課
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550  FAX. 0285-40-8303 学内からは内線 3575