企業・研究者の方へ For companies and researchers

企業・研究者の方へ

For Companies,
research organizations and other universities.

利益相反

利益相反マネージメント・ポリシーとは?

産学官連携活動を推進する過程において、教員が企業等との関係で有することになる利益等が本学の使命や教職員に求める責務と衝突する状態、すなわち「利益相反(Conflict of Interest:COI)」が生ずることになります。
活発な研究活動が行われ、産学官連携活動が盛んになればなるほど利益相反は必然的、不可避的に発生し、日常的にマネージメントを行う必要があります。
このため、本学教職員が安心して産学官連携活動に取り組むことができる環境を整備することを目的として、平成21年4月1日、「学校法人自治医科大学利益相反マネージメント・ポリシー」(248KB) を定めたところです。
利益相反マネージメント・ポリシーは、産学官連携活動を行う上で必ず発生する利益相反状態を大学がマネージメントするための基本的な考え方をとりまとめたものであり、個々の状況等により対応が異なりますので、疑問点や手続につきましては、研究支援課までお問い合わせください。

自己申告書の提出はどのように行うの?

教職員は、毎年1回(原則4月)、学長あてに前年度の該当状況を自己申告していただきます。
また、補助金申請・臨床研究倫理審査等の特定目的のために利益相反の管理を受ける必要がある場合には、随時、学長あてに申告していだたきます。
提出された申告書は、利益相反マネージメント・ポリシーに基づくワーキンググループがとりまとめて、利益相反委員会に報告することになります。
ワーキンググループは委員会の指示により、必要に応じて教職員へのモニタリングを行い、適宜、委員会に報告することになります。
(提出する申告書は必ず控えをおとりください。)
(該当項目が無い場合も「該当する項目はない」にチェックのうえ必ず提出してください。)

申告書種類 提出時期
前年度申告用(補助金・臨床研究は除く) 年度初め
特定目的申告用 厚生労働省科学研究費
AMED委託研究開発費
実績報告書提出時
臨床研究倫理審査 研究申請の都度
その他 必要に応じて

特定目的申告用は、研究課題名と関連のある事項についてチェックをお願いします。

臨床研究に係る利益相反について

本学で実施する臨床研究に係る利益相反マネージメントについては、生命倫理委員会に付託された臨床研究等に関するワーキンググループ(以下「ワーキンググループ」という。)で対応しています。

臨床研究に係る利益相反の審査が必要な場合は、下記の書類を揃えてワーキンググループあてご依頼ください。

臨床研究法に基づき実施する「特定臨床研究」の場合

  • 研究計画書(プロトコール)
  • 説明同意文書
  • 利益相反ガイダンス様式(様式A~E)(457KB)
  • 研究責任医師及び研究分担医師の利益相反自己申告書(前年度申告用)(※未提出の場合のみ)

  • その他資料
    ※研究計画書において、本研究の資金源が確認できない場合や本学が実施医療機関であることを確認できない場合は、別途これらが証明できる書類

上記に該当しない臨床研究の場合

【本学単独の臨床研究の場合】【本学を主管とする多機関共同研究の場合】

  • 研究計画書(プロトコール)
  • 説明同意文書 または 研究情報公開文書
  • 利益相反チェックシート
  • 利益相反管理基準(様式A:特定臨床研究以外の臨床研究用)

    (※黄色マーカーの欄に必要事項を記載ください。)

  • 特定目的に係る利益相反に関する自己申告書

    (※研究者全員分ご提出ください。署名印が必要なため紙媒体でご提出ください。)

  • 共同研究、受託研究等で企業が関与する場合は、その契約状況等が確認できる書類
  • 研究責任者及び研究分担者並びに研究協力者の利益相反自己申告書(前年度申告用)(※未提出の場合のみ)

【他機関を主管とする多機関共同研究(実施許可申請)の場合】

  • 主管機関の研究計画書(プロトコール)
  • 主管機関の説明同意文書 または 研究情報公開文書
  • 利益相反チェックシート
  • 利益相反管理基準(様式A:特定臨床研究以外の臨床研究用)

    (※黄色マーカーの欄に必要事項を記載ください。)

  • 特定目的に係る利益相反に関する自己申告書

    (※研究者全員分ご提出ください。署名印が必要なため紙媒体でご提出ください。)

  • 研究責任者及び研究分担者並びに研究協力者の利益相反自己申告書(前年度申告用)(※未提出の場合のみ)

審査には、依頼から1ヶ月程度かかります。提出書類に不備がある場合はそれ以上かかる場合もあることから時間に余裕をもってご依頼ください。審査終了後、特定臨床研究の場合は、利益相反ガイダンス様式(様式D)と審査結果通知書を、特定臨床研究以外の場合は、審査結果通知書を発行いたします。
利益相反の審査手続きについて不明な場合は研究支援課・知的財産管理係あてご連絡ください。

〔利益相反に関する窓口・書類提出先〕
研究支援課・知的財産管理係
E-mail:rinri@jichi.ac.jp

厚生労働科学研究に関する指針へリンク

学校法人自治医科大学利益相反委員会内規

学校法人自治医科大学利益相反マネージメント・ポリシー

学校法人自治医科大学における人を対象とする医学系研究の実施に係る利益相反ポリシー

学校法人自治医科大学における臨床研究等に係る利益相反についての手順書

前年度の利益相反に関する自己申告書(前年度申告用)

特定目的に係る利益相反に関する自己申告書(随時申告用)

「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に対する本学の対応について

教員業績データベース