大学紹介

HOME > 大学院看護学研究科 > 博士前期課程 > 授業内容

授業内容

授業内容

共通科目

授業科目名 概要
看護管理・政策論* 看護管理における理論、看護管理の過程および活動方法を教授する。保健医療福祉システムのなかで質の高いケアを提供するために高度実践看護職の機能と役割および高度実践看護職の行う医療チーム内の調整や保健医療福祉関係者間の調整ならびに管理的立場にある看護職との協働に関わる活動方法を教授する。
ケアの質向上や看護職の資質向上のための制度改革や政策決定過程への高度実践看護職の働きかけについて教授する。
病態生理学特論* 病態生理学の基礎および診断・治療の原則、および日常的によくみられる代表的な病態生理的変化に関する看護実践上の判断方略について、事例演習を含めて教授する。
フィジカルアセスメント特論* 高度実践看護職として、複雑な健康問題をもった対象の身体状況を的確にアセスメントし、臨床判断を行うための高度な知識と技術を、シミュレータ学習を取り入れながら教授する。特に、対象の複雑な病態を踏まえたうえで、臨床判断プロセスを磨くための技能を教授する。
臨床薬理学特論* 薬剤の人体における作用機序と体内動態、有害作用、治療薬物モニタリング等の臨床薬理学の基礎的知識を教授する。また、緊急応急処置、症状調整、慢性疾患に必要な薬物療法について、薬剤使用の判断、投与後の患者モニタリング、生活調整、回復力の促進、患者の服薬管理の向上を図るための知識と技術を教授する。
看護実践研究論* 看護実践における研究の重要性を理解し、専門的看護の質の向上に寄与する研究を進めていくうえでの各種研究法の具体的展開について教授する。また、看護研究に重要な文献検討ならびに研究論文のクリティークについて講義するとともに研究者としての倫理課題について検討する。さらに、看護実践における研究成果をもとに専門的看護の質の向上に役立つ評価方法について教授し、高度看護実践研究の発展への寄与についても言及する。
コンサルテーション論* コンサルテーションに関する理論と倫理的側面を含むコンサルテーションをめぐる問題と課題について教授する。コンサルテーションおよびコンサルタントの役割体験やグループコンサルテーション、模擬コンサルテーション体験を通して、高度実践看護職が必要とするコンサルテーション技術と役割について考察する。
看護倫理* 医療の現場における生命倫理の現実的な課題と看護職の倫理的行動と責務を教授する。看護場面において複雑な判断を要する倫理的葛藤・課題について、関係者間での倫理的調整活動に必要な知識を教授し、高度実践看護職が果たすべき機能について考察する。
看護継続教育論* 高度実践看護職が、看護のケアの質を高めるために必要な看護職への教育的働きかけとして、教育現象を経験学習の視点から体系的に計画された学修、個人の自律的な学習などさまざまな学修形態をとるための教育環境づくりに関する知識と技術を教授する。さらに看護実践の実際から、看護ケアの向上の基礎となる教育的かかわりについて探究する。
地域医療論 地域に根ざした医療や保健を展開する方法を教授する。具体的に、地域のニーズのとらえ方、ニーズに即した医療の提供の方法、地域の保健医療福祉施設の有機的な連携、医療資源のアウトソーシングを検討する。
地域調査法 地域における健康問題や健康ニーズを把握するための方法を教授する。また、調査で収集した資料やデータの分析方法、結果の読み方を教授する。

*は専門看護師教育課程(38単位)認定科目であることを示す。

実践看護学分野の専門科目

領域 授業の概要
小児看護学 小児看護専門看護師をめざす場合、子どもの健康レベルや状況に応じたケアについて考えを発展させるために、主要な理論、研究の動向、最近の知見、ケアシステム、ケアマネージメント、社会資源の活用などを踏まえて小児看護の現状を分析し、小児看護専門職としての課題および役割について学ぶ。また、診断・治療のプロセスを含み、小児看護専門職として必要な子どものヘルスアセスメントについて学び、看護実践に活用できる能力を修得する。これらを踏まえて、高度医療および地域医療の場において、小児看護を実践できる看護実践能力を修得する。さらに課題研究では、小児看護専門看護実習を通して明らかになった課題を探究し、修士論文を作成する。

研究を主体として学ぶ場合、講義・演習・特別演習を通して明らかになった小児看護の実践的課題のなかから、小児看護の対象となる人々へのケアの改善・改革に関連する研究課題を設定する。その課題について特別研究で個別指導や研究ゼミによる研究指導を受けながら研究活動を展開し、修士論文を作成する。
母性看護学 母性看護専門看護師をめざす場合、周産期の母子やその家族、各ライフステージにある女性とその家族の状況を理解し、高度看護実践に必要なアセスメントの方法と支援について探求する。高度医療機能とその周辺およびへき地の医療機関における高度看護実践、コンサルテーション、コーディネーション、倫理調整について実習し、また施設スタッフに対する教育および研究的なかかわりを実践してチーム医療における医師との協働を踏まえた、専門看護師としての基礎的能力を養う。主として課題研究で、講義・演習・実習から見出された課題・探求方法等をもとに、母性看護学、女性の健康看護学、助産学に関連する実践的課題の改善・改革の方法について検討し、修士論文を作成する。
研究を主体として学ぶ場合、講義・演習・特別演習を通して明らかになった課題・探求方法等をもとに、母性看護学、女性の健康看護学、助産学に関連する研究課題の改善・改革の方法について、特別研究として研究活動を展開し、修士論文を作成する。
クリティカルケア看護学 急性・重症患者看護専門看護師をめざす場合、急性・重症患者の代謝・病態生理と特有の治療・処置についての看護診断技術および診断プロセスについて理解を深め、自律した看護実践の関与を可能とする高度な知識と技術を修得する。実習では、急性・重症患者・家族に対する高度な看護実践、調整・教育・コンサルテーション・倫理調整の必要性のあり方、リーダーシップの発揮に加え、ICU・CCU、救命救急など自己の関心領域におけるサブスペシャリティにおける実践力を強化する。主として課題研究で、実習で見出した研究課題として、クリティカルケアが必要とされる患者とその家族に対する高度看護実践に関する事例研究や事例の中で遭遇した事象に関する文献研究などを中心に修士論文を作成する。
研究を主体として学ぶ場合、講義・演習・特別演習をとおして明らかになった、クリティカルな状況にある患者・家族へのケアの改善・改革に関連する研究課題を設定し、その課題について研究活動を展開し、修士論文を作成するために、特別研究として個別指導や研究ゼミによる研究指導を行う。
精神看護学 精神看護専門看護師をめざす場合、「リエゾン精神看護」あるいは「地域精神看護」のいずれかのサブスペシャリティを選択する。その上で、精神看護実践において卓越した働きかけに必要となる理論を学び、メンタルヘルス・エグザミネーション、精神力動的アセスメント等の多彩なアセスメントの方法、精神科診断と臨床検査、精神療法、認知行動療法等の各種療法等の最新の知識と技術を習得する。専門看護師の役割と機能を学び、精神科医療施設において実習を展開し、精神科診断・治療と直接ケア、コンサルテーションおよびコーディネーションについて学修する。また、サブスペシャリティに関する直接ケアの実習を展開し、専門看護師としての実践能力を身につける。さらに、「課題研究」を選択し、講義・演習・実習を履修する中で見出された精神看護領域における実践的研究課題を踏まえて、高度な看護実践に関する事例研究、文献研究等を展開し、修士論文を作成する。
研究を主体として学ぶ場合、講義・演習・特別演習を履修する中で見出された精神看護領域における実践的課題を踏まえて、精神の健康課題をもつ人々とその家族へのケアの改善・改革につながる研究課題を設定し、特別研究で研究活動を展開し、修士論文を作成する。
がん看護 がん看護専門看護師をめざす場合、講義・演習ではがん診断期から終末期に至るがん患者とその家族が抱えるあらゆる苦痛症状および苦悩を系統的かつ包括的に把握するため、がんの疫学、病理、診断、治療法に関連する最新の専門的知識と技術および、その基盤となる概念枠組みおよび諸理論、キュアとケアを統合するための臨床推論過程を学び、包括的介入方法を探究する。実習では、緩和ケアを提供する病棟、外来などさまざまな場において、専門看護師の役割・機能の実際、高度な看護実践・教育・相談・調整・倫理調整、がん診断・治療に伴う臨床判断や身体管理を学び、高度な実践力を身につける。これらの学びを基盤に、がん看護学領域における看護実践をとおして見出された研究課題について、高度実践に関する事例研究や文献研究などを中心に修士論文を作成する。
研究を主体として学ぶ場合、講義・演習・特別演習を通して明らかになった実践的課題のなかから、緩和ケアを必要とするがん患者とその家族へのケアの改善・改革に関連する研究課題を設定し、その課題について研究活動を展開し、修士論文を作成する。

「特別演習」「課題研究」「特別研究」を除いた各境域の授業科目は専門看護師教育課程(38単位)認定科目である。

地域看護管理学分野

領域 授業の概要
老年看護管理学 講義では高齢期に特徴的で必要な病態生理を含む疾病知識と看護実践に関し教授する。特にジェリアトリックシンドロームと称される高齢期特有の身体問題と高齢者のケア技術に関する実践や多死社会を担う喪失関連の看護を見越した思考力を培う。倫理的な側面の重要性と法的制度についても、必要とされる状況をとらえてケアと融合的にマネージできるように教授する。
演習では、ケア決定上の診断プロセスや在宅にて必須の高齢期フィジカルアセスメントの実践力を強化するなど総合的に検討する。
特別研究では、老年看護管理学の講義・演習・特別演習をとおして明らかになった実践的課題のなかから、老年看護の対象となる人々へのケアと看護管理の改善・改革に関連する研究課題を設定し、研究活動を展開し、修士論文を作成するために、個別指導や研究ゼミによる研究指導を行う。
地域看護管理学 講義では、へき地を含む地域の特性および人々のヘルスニーズならびに保健医療福祉施策を踏まえて、地域看護管理、特に地域ケア体制づくりの理論と考え方およびへき地における看護活動の展開方法に関する理論を教授する。また、医療機関における地域連携体制の構築およびへき地を含む地域の看護管理活動ならびに施策化・政策化に関わる看護活動の方法について、実践事例や国内外の先行研究から検討する。
演習では、地域特性および人々のヘルスニーズの分析から、行政機関、訪問看護ステーション、地域中核病院、へき地診療所、へき地医療拠点病院等の看護提供体制を評価検討し、地域看護管理に関する改善・改革の課題を探究する。
特別演習では、地域看護管理に関する改善・改革の課題を達成するための方法について、文献検討およびフィールド演習等により多面的に検討し、改善・改革に関連する研究計画を検討する。
特別研究では、地域看護管理学の講義・演習・特別演習を通して明らかになった実践的課題のなかから、地域看護の対象となる人々へのケアと看護管理の改善・改革に関連する研究課題を設定し、研究活動を展開し、修士論文を作成するために、個別指導や研究ゼミによる研究指導を行う。
看護技術開発学 講義では、看護技術の概念および特徴、ならびに安全かつ有効な特定行為を含めた看護技術の開発に関する研究の動向を教授する。また、特定行為研修を含めた看護技術教育の実際および理論的根拠に基づいた看護技術教育のあり方について教授する。
演習では、看護技術開発のプロセスおよび看護技術開発研究における倫理的課題について教授するとともに、特定行為研修を含め看護技術開発に活かせる研究課題や特定行為研修後のフォローアップまでを見据えた看護技術教育の研究課題を探究する。また、看護技術開発で用いられるさまざまな研究方法を実践的に検討するとともに、看護技術開発研究における研究方法上の課題を探究する。
特別演習では、特定行為研修を含め看護技術開発に関する自己の研究疑問について文献の系統的レビューを行い、自己の研究課題の明確化および研究計画を検討する。
特別研究では、看護技術開発学の講義・演習・特別演習を通して明らかになった実践的課題のなかから、看護ケアや看護サービスを提供する技術の開発・改善に関連する研究課題を設定し、研究活動を展開し、修士論文を作成するために、個別指導や研究ゼミによる研究指導を行う。



各科目の詳細につきましては、下記のパンフレットをご覧ください。