大学紹介

HOME > 大学院看護学研究科 > 博士前期課程 > ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

大学院看護学研究科博士前期課程ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格した者で、高度な看護実践力を有し、組織機能を向上拡大させながら高度医療と地域医療をつなぐチーム形成と機能向上を図ることができる人材に、修士(看護学)の学位を授与する。

高度な看護実践能力とは、以下の通りである。

  1. 実践看護学分野では、高度な判断力・臨床実践力および組織調整力
  2. 地域看護管理学分野では、看護ケアの効果的・効率的な提供を具現化する看護活動や看護サービス提供システムを構築・改善できる力