大学紹介

HOME > 大学院看護学研究科 > 学修と学生生活のサポート > 遠隔地からの通学サポート

遠隔地からの通学サポート

遠隔地からの通学サポート

へき地等の遠隔地からの通学や就学する学生が学業に専念できるように、教職員住宅への入居、臨時宿泊、駐車場が利用できます。

キャンパス内の教職員住宅の貸与(単身者のみ)

遠隔地からの通学が困難な学生は、低額の家賃(月額11,000円)で教職員住宅に入居することができます。ただし、単身者に限り、入居希望者が多い場合には、空室状況と優先順位を勘案します。

臨時宿泊室の利用(女性のみ)

月1回開講される授業のために、遠隔地から通学する場合や、夜間の集中授業のために帰宅できない場合などに、看護学部女子学生寮の臨時宿泊室を利用することができます。一泊200円(リネン等のクリーニング代別途)です。

駐車場

通学に際して、公共交通機関の利用が困難な学生は、本学キャンパス内の指定駐車場の利用を許可されます(月額1000円)。ただし、決められた場所以外に駐車することはできません。