医学部 School of Medicine

医学部

School of Medicine

消化器一般移植外科学部門

Gastroenterogical, Geheral and Transplant Surgery

責任者名:佐田 尚宏

講座名

医学部

消化器一般移植外科学

医学研究科

博士課程 地域医療学系消化器疾患学消化器外科学

医学研究科

博士課程 地域医療学系病態機能外科学乳腺内分泌疾患学

医学研究科

博士課程 地域医療学系病態機能外科学移植外科学

講座・部門紹介

消化器一般移植外科学には、食道・胃・十二指腸を対象とする上部消化管グループ、大腸・肛門を対象とする大腸グループ、肝胆膵を対象とする肝胆膵グループ、乳腺を対象とする乳腺グループ、肝移植を担当する移植グループの5グループがあり、これら疾患に関連する臨床腫瘍科、病院臨床研究センター、実験医学センターなどとの密接な協力のもと、臨床、研究、教育を行っています。研究内容としては、各分野における癌遺伝子や発癌に関する研究、臓器や細胞の再生、移植、保存に関する研究、3Dプリンタを用いた臓器・手術モデルの研究を当科の研究室で行い、また本学分子病態研究部、バイオイメージング研究部、病理学講座、先端医療技術開発センター・先端治療開発部門などとの共同研究も行っています。臨床面ではmortality0、morbidity0を目指し、癌の根治性を維持しつつ腹腔鏡手術、内視鏡手術とのハイブリッド手術など、低侵襲化と安全性を追求しています。またCT-colonographyやPerfusion-CTによる膵疾患の診断、肝予備力の肝内での局在など臓器の機能や形態を分析することにより術前診断の精緻化を進め、simulation・naviggationの手法を用いた手術技術の向上を目指しています。外科臨床から見いだした問題点を基礎医学を導入し解明していく姿勢を持ち、治療学を主体とする外科を更に発展することを目標として研究を推進しています。

スタッフ

研究紹介

  • 肝胆膵領域における3Dプリンタを用いた臓器モデルの作成と手術ナビゲーション
  • 膵疾患における新たな診断法と低侵襲治療の開発
  • 慢性膵炎・急性膵炎における治療法の評価と新規開発
  • 膵癌の術前・術後科学療法
  • 大腸癌発生における遺伝子異常-とくにメチル化の意義
  • ヒトにおける肝内循環動態の基礎と臨床
  • ヒト腎移植における免疫機能の検討
  • 間様系幹細胞の細胞治療への応用 ①凍結膵島賦活化 ②小腸虚血再灌流傷害軽減
  • 自然炎症を介した肝虚血再灌流障害の分子的機序の解明
  • 乳癌の増殖指標と生物学的分類
  • 乳腺植込み型病変識別マーカの検討
  • 食道癌の増殖に関する分子の検討
  • マイクロサテライト不安定性陽性大腸癌における化学療法剤の感受性と効果増強に関する基礎的検討
  • 食道扁平上皮癌の増殖浸潤における線維芽細胞の役割
  • 胃切除後の食欲不振、体重減少に対する新規治療法の開発
  • 胃癌腹膜播種に対する腹腔内化学療法の開発
  • 胃癌腹膜播種治療における新規バイオマーカーの探索
  • 腹膜播種の成立に関する腹腔内環境因子の解明
  • 局所進行直腸がんに対する免疫放射線療法に関する基礎的検討
  • 消化器癌の進展における間葉系幹細胞の意義
  • 胃癌術後補助化学療法
  • 胃癌腹膜播種の制御・克服
  • 減量手術、メタボリックサージェリー

教育担当分野

  • 基礎臨床系統講義「消化」「外科」「生殖」「内分泌」
  • 臨床講義
  • 総括講義「消化器外科学」「一般外科学」
  • クリニカルクラークシップに基づいて行うBSL
  • ブタ手術を取り入れた選択必修BSL
  • 学生・レジデントに対する手術手技実習

関連組織

  • 大学院医学研究科博士課程地域医療学系消化器疾患学消化器外科学
  • 大学院医学研究科博士課程地域医療学系病態機能外科学乳腺内分泌疾患学
  • 大学院医学研究科博士課程地域医療学系病態機能外科学移植外科学

診療科案内

連絡先

自治医科大学外科学講座(消化器一般移植外科学)
TEL: 0285-58-7371
FAX: 0285-44-3234

講座オリジナルサイトへのリンク