入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > 卒業生等からのメッセージ > 同窓会会報から 鶴田恭平(山梨県)

同窓会会報から 鶴田恭平(山梨県)

同窓会会報から 鶴田恭平(山梨県)

サークル活動報告 〜自治医科大学フォークソングクラブ〜

自治医科大学フォークソングクラブ 部長
医学部4年 鶴田恭平(山梨42期)

自治医科大学フォークソングクラブ(通称JFC)は、開学当初から活動しており、長い歴史を持っています。現在、医学部生と看護学部生合わせて約70人の部員がいます。主な活動としては、学内ライブと学外ライブがそれぞれ6回ずつと、年に1度のキャンプなどがあります。学内ライブには毎回たくさんの部員が参加しており、活気に満ちています。最近は他大学の友人や、一般の方も来てくださるようになりました。また、学外では栃木県内の大学だけでなく、関東の医療系大学とも合同ライブを行っています。色々な大学の人たちと接する機会があるというのは、JFCの大きな特徴の1つです。

自治医大には他にも音楽系の部活動、サークルがいくつもあります。私たちJFCは幅広いジャンルの音楽を扱っています。現在最も多いのは邦楽ロックのコピーですが、洋楽ロックはもちろん、ポップスやジャズ、フュージョン、更にはオリジナルの曲を演奏するバンドもあります。たくさんの音楽に触れ、自身の感性を磨くことができます。

ここからは、最近の活動を3つ紹介しようと思います。

1つめは、6月末の新歓ライブです。これは、新入部員が初めて出演する学内ライブとなります。初心者の楽器購入、バンド結成、練習などを先輩が徹底的にサポートします。入部からライブまでわずかな期間しかありませんでしたが、どのバンドも練習の成果を十分に発揮し、素晴らしい演奏を披露していました。

2つめは、8月半ばに開催されたUniversity Music Syndicate(通称ユニバ)です。これは、栃木県内の10前後の大学が参加するライブで、各大学1つずつバンドを選出して演奏します。どの大学もレベルが高く、刺激を受けました。また、先輩方の迫力ある演奏を観て、自分もあのステージに立ちたいという気持ちが強くなりました。

3つめは、8月末に行われたOBOG会です。JFCは先輩後輩の繋がりが非常に強く、卒業した先輩方が各種ライブを観に来てくださいます。OBOG会は、そのような先輩方と交流できる機会です。今年は、先輩方のライブを観たり、先輩方と現部員が一緒に演奏したりしました。夜には懇親会が開かれ、先輩後輩の壁を越え、自分の好きな音楽や、部活動の思い出などを語り合うことができました。

  • 自治医科大学フォークソングクラブ
  • 自治医科大学フォークソングクラブ